炭素埋設

moonb.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

炭素埋設の簡単なご説明

炭素埋設の簡単なご説明です。

竹炭を埋めて土地の運気をドカーンと上げよう !!

土地には良い土地とそうでない土地とがあります。
イヤシロチとケガレチと呼ばれ、『静電三法』の著者 楢崎皐月(ならさきこうげつ)氏も、
f0070671_22494234.jpg

土地の改良には磁場の乱れを調整・安定させる炭を埋めると良いと気が付き、
各地のさまざまな土地の改良に尽力しましたことは有名です。
イヤシロチとは、還元力が高く、活性化しているところです。
f0070671_22501185.jpg
ここでは住む人にとっても心地良く、田畑では作物は大変良く育ちます。
ケガレチとはその逆で、酸化・腐敗していて、生命にとってあまり
良い環境とはいえません。
けれどもいろいろな事情があって、なかなかいい土地には
住めない場合もあるのです。
そんなときには、炭を土地に埋めて、「今住んでいる土地」を
イヤシロチにしてしまいましょう。

■炭埋、敷炭をご検討している方へ
お問い合わせは0120-03-5090か
furuhasi@orange.ne.jpにご相談ください。
お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

■炭埋セットをご購入の方に、古橋一成が埋設場所を無料でアドバイスをいたします。
炭を埋めるにもポイントがあり、むやみに埋めての効果的でない場合もあります。
場のエネルギーを感じる力、埋設する時の思いなども大切な要素となります。
場合によっては、数ヵ所に設置したほうが良い場合もあり、
量も加減しなくてはなりません。 炭埋セットをご購入の方には、
炭埋する場所(土地の図面)をFAX等でお送りいただき、
その図面上でダウンジング等の技術を用い、もっとも効果的だと判断した
場所をお伝えいたします。
※ダウンジングは水道業者や軍隊も採用している、
地下の状態を調べるのに有効な技術です。


以上でございました。    感謝
[PR]
by furuhasi900 | 2006-04-02 22:50 | 炭素埋設

古橋竹材店の歴史

古橋竹材店の歴史
創業は過去帳をたどると享保12年とあります。初代は友右衛門です。
初代、の仕事内容は浜名湖の中に使う漁業用の竹、建築材の竹、
竹の傘、生活雑貨(竹の篭)等に販売していました。

昔は生活の中に竹が溶け込んでいました。明治時代に入り天竜の山奥、
今の佐久間町ぐらいから竹を切り出して、天竜川をいかだ、を組み
浜松の中野町まで、かわくだり、してそれを篭やさんとか建築下地に卸していました。

それは天竜川にダムが出来るまで続いていました。
昔は交通機関が発達していないため、川で竹を流して大八車で配達していたようです。

それは戦前から戦後の(昭和30年代)まで続きましたが、戦後、高度成長に
伴い庭の材料に使う竹が多くなりました。

今の竹炭の焼く技術は竹の品質を理解しご先祖様の教え(先人の知恵)を活用して
出来上がった物です。


父とスタッフの集合写真です。

代々竹材業継続するのは時代に合わせたニーズもあり大変な事と思います。
その昔、竹は農業・漁業をはじめ、かごなどの入れ物として、
そして建築資材と大変に活用されたものでしたが、時代が変わり、
プラスチックが使われるようになりました。
現代では和のアイティムとしての民芸のかごや、お庭の装飾として
活用されていますが、昔ほど利用されていません。けれども竹の資材としての
有用性にいろいろな方たちが気付き、研究されている一面もあるのです。
木を切りすぎてきた私たちは、違った資源を見つけなくてはなりません。
しかし、それはとても身近なところにあったのです。それが竹なのです。
ご存知のように、7~8年で完全に成長する竹は切っても切ってもすぐに
生えてきます。成長に時間のかかる木に比べ、あっという間に成長する
竹の旺盛な生命力を最大限に引き出したのが“竹炭”という、素晴らしい
大自然からの贈り物なのです。七夕のお祭り以外にも、もっともっと注目されていい
素材だと実感しています。

今は竹に関連した材料と庭に関連した材料の卸、販売を手がける用になりました。
垣根工事からゴルフ場の散水工事も手がけています。時期により色々な
仕事があります。たとへば、1月から2月は浜松祭りの凧の竹、3月~5月は
庭の材料が忙しくなり、6月~9月は農業資材が忙しく、10月~11月は
庭の材料、12月に入ると門松が忙しくなります。
その忙しい中、竹の炭が大ヒットしています。
今から
f0070671_22362720.jpg
4
f0070671_22365274.jpg
f0070671_22371430.jpg
f0070671_2238079.jpg
年前に竹の残材処理に困り竹を炭にする事にしました。
その流れの中にイーエム菌(土壌改良資材)等を扱い農業分野に進出して来ました。

以上古橋竹材店の歴史でした。  感謝
[PR]
by furuhasi900 | 2006-04-02 22:40 | 古橋竹材店の歴史

もうちょつと詳しく自己紹介です。

名 前 古橋 一成 (男性)
現住所 静岡県浜松市城北2-18-8
電話番号053-471-5090
ファックス053-474-0745
フリーダイヤル
0120-03-5090
年 齢 51歳
血液型 A型
出身地 静岡県浜松市城北2-18-8
趣 味 仕事・映画鑑賞, スポーツ観戦, 音楽鑑賞, グルメ, お酒, ショッピング,
ファッション, ドライブ, 習いごと, 読書, インターネット・精神世界・潜在意識・
氣・シンクロニシティを科学する。
職 業 自営業
所 属 古橋竹材店TF環境事業部
f0070671_2227524.jpg

[PR]
by furuhasi900 | 2006-04-02 22:28 | 自己紹介
line

竹炭を埋めて土地の運気をドカーンと上げよう !!


by furuhasi900
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30